2018/10/15

活動レポ: 株式会社RIZAP・ファンクショナルトレーニング研修@中野

株式会社RIZAP様よりご依頼頂き、新規プロジェクトに携わるトレーナーチームのファンクショナルトレーニング研修をさせて頂きました。


ボディメイクを専門に全国110店舗以上展開されていますが、約1000人の専属トレーナーから選抜された特別チームの10名様をお預かりし、研修をさせて頂くことになりました。

image description

今回は初回ということで、
・ファンクショナルトレーニングとは
・FMP™(Functional Movement Performance 機能的動作パフォーマンス)
・ファンクショナルトレーニングにおける基本動作
をテーマに、まずは色々なバリエーションを体験し、自らトレーニングを楽しんで頂きました。

image description

挨拶や受講態度・姿勢は勿論、常にメモを取り必死に知識を取り込んでいこうという取り組み方は、さすが選抜されたトレーナーの皆さんだな、ととても感心し、私自身色々と学ばせて頂きました。

image description

全力でアウトプットし、また私も学びを深めていきたいと思います。

image description

株式会社RIZAP
https://www.rizapgroup.com/

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/10/13

活動レポ: 日本体育大学スキー部チームトレーニングサポート@駒沢

10月13日、駒沢公園の大階段を利用して、日本体育大学スキー部のトレーニングサポートを実施しました。

image description

すでにヨーロッパなどの遠征でシーズンインしている選手もいますが、今回と再来週のサポートでシーズンに向けた仕上げのトレーニングをしていきます。

image description

今回は培ったフィジカルパフォーマンスを的確にスキーに伝えるために、斜面に対するポジショニングおよび体軸コントロールをメインにしたエクササイズを多く実施しました。

image description

左右差の修正・調整や、イメージと動作の差違修正をこのシーズン前にしっかり実施することは、雪上での基本トレーニングの精度に違いが出て来ます。スキーを履いて、様々な斜面で動けるポジションが確立出来た時に、初めて鍛えたフィジカルパフォーマンスをスキーに伝えることができます。

image description

さらに高い意識を持ってシーズンインしてもらいたいと思います。

image description



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/10/10

活動レポ: SKIオフトレSeminar #188 @神田錦町

今回のテーマは「滑走姿勢を整える部屋トレ - スキーヤーのためのコレクティブムーブメント™③」、正しい動作(コレクティブムーブメント™)に整えるシリーズの3回目でした。

image description

3つほどポイントを上げて解説しましたが、特に重要なのが「プランク姿勢」。シフリン選手やヒルシャー選手の様にポジションの安定化には体幹強化は不可欠ですが、プランクエクササイズには2種類あることをトレーニングの専門家でも知らない方が多いです。

image description

多くの日本人が取り入れているのは、体幹トレーニングブームのきっかけなった、サッカー日本代表の長友選手の本で紹介されているプランク。

image description

コンタクトスポーツには有用なパターンですが、スキーヤーに必要なのは、もう1つのプランクエクササイズパターンなのです。

image description

そのパターンBのプランク姿勢を滑りに活かすためのアプローチが「腰椎骨盤リズム」です。
滑るためには、トップスキーヤーも一般スキーヤーもやらなければいけないムーブメント(動作)は同じです。

image description

社会人スキーヤーの皆さんが効率良く上手くなる様に、これからもお役立つ情報をお伝えしていきます。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一