2018/07/16

活動レポ: SALOMONフィジカルトレーニングキャラバン2018 @宮城県加美町


7月14日から3日間、宮城県加美町にて「SALOMONフィジカルトレーニングキャラバン2018」が開催され、SALOMONレーシングチームトレーナーとして、参加者皆さんのトレーニングサポートをいたしました。

image description

ゲストプレーヤーは今年の平昌オリンピック日本代表・石川晴菜選手。

image description

彼女の動作やトレーニングに対する姿勢は、間違いなくジュニア選手たちの刺激になったと思います。

image description

SALOMONで育った選手がオリンピックに出場し、そしてその選手が次世代の選手育成に参加する、改めてこのような環境をサポートして頂いている地元の皆さん、関係各コーチに感謝です。

image description

今年のトレーニングテーマは「原点回帰」として、スキーヤーに必要なフィジカル強化にフォーカスして、トレーニングを楽しんでもらいました。

今期は、9/1-2 @岩手県八幡平、9/8-9 @群馬県みなかみ、9/29-30 @長野県白馬、にて開催されます。

社会人スキーヤーの方も参加出来ますので、是非フィジカルトレーニングキャラバンご参加お待ちしております。

image description

SALOMONレーシングチーム・フィジカルトレーナー

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/07/12

活動レポ: JWSC 全日本ウインタースポーツ専門学校・特別講習@妙高


7月12日、今年もJWSCから専門課程の生徒さんを対象にした特別講習のご依頼を頂き、学校にお邪魔してきました。

image description

プラスして、私がサポートしている水落亮太ナショナルデモンストレーター、JWSCのコーチでもある青木大輔選手、小林仁選手も参加してくれて、豪華な講習になりました。

image description

JWSC松田先生からは「パワー伝達不足(トゥアウトニーインや股関節屈曲・内外旋の弱さ)」と「ひねり動作の弱さ」、2つの課題についてのリクエストがありました。

image description

短い時間でしたが、プライオメトリックエクササイズの様な瞬間的な動作の中でも、動作精度がかなり高まりました。

参加生徒とコーチ&選手の動作を直に比較して、改めてフィジカルとスキーパフォーマンスは直結していると再認識。

次回は9月までに、今回の講習内容をしっかり反復してシーズンに繋げていきましょう!

image description


全日本ウインタースポーツ専門学校
http://jwsc-snow.com/

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※セミナーやトレーナー派遣に関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/06/27

活動レポ: クレブスポーツ・Queenax™ TFC研修@六日町


著名な日本のトップスキーヤーが多数所属している新潟県の「クレブスポーツ六日町」様にファンクショナルトレーニングユニット「Queenax™」が導入され、トレーナーファンデーションコース研修の講師を務めさせ頂きました。

image description

私の所属するSALOMONチームのエースで2018年全日本スキー技術選手権大会優勝&国体3位の吉岡大輔選手、今シーズン惜しまれながら一線から退いた元全日本チームの長谷川絵美選手、日本人で唯一ワールドカップ高速系レースで活躍している須貝龍選手など、トップスキーヤー達が受講してくれました。

image description

スキー界は他のスポーツと比べて、かなり昔からファンクショナルトレーニングをメイントレーニングにしています。

image description

日本のトップスキーシーンに長く携わらせて頂けたからこそ、ファンクショナルトレーニングベースの業務をすることが出来ていると思ってます。

image description

クレブ様に導入されたQueenax™をキッカケに、さらにスキー界に恩返し出来る何かをしたい、と想い馳せる1日になりました。

image description

クレブスポーツ様の更なるご活躍ご発展、楽しみにしております。
ご参加頂いたスタッフの皆様、ありがとうございました!

image description

クレブスポーツ六日町
http://www.xraeb.co.jp/


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/06/26

活動レポ: SKIオフトレSeminar 181 @神田錦町


今回は会場を「ちよだプラットフォームスクウェア」に変更して、「股関節から引き出す、滑るパフォーマンス」をテーマに講習させて頂きました。

image description

トレーニングの情報は以前よりも格段に入手しやすくなっている分、逆に何をしていいのか判らなくなっている方も多いと思います。

部屋でも出来る様な簡単なエクササイズを「整える」「動かす」「鍛える」という3つの視点で分類して、自分に必要なエクササイズにフォーカスして頂く様にしてみました。

関東では今年の梅雨は意外に晴れる日が多いのですが、気温も上がってきているので部屋トレをベースにオフトレしている方も多いと思います。

少しでも今回のレクチャーの内容を活用して、オフトレ生活を充実させて頂ければ嬉しいです。



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/06/24

活動レポ: SALOMONレーシングチーム・フィジカル強化合宿@菅平高原


2日間、SALOMONレーシングチームのトップランク選手をて、2019シーズンに向けたフィジカル強化合宿が開催され、チームトレーナーとしてトレーニングサポートを実施致しました。

image description

まずはパフォーマンスの最大限に引き出すためのウォームアッププロトコル「MACS™️」の解説と指導。

image description

MACS™️は下記の頭文字を取った、コンディショニングエクササイズです。

・Myofascial Release 筋膜リリース
・Active Mobility Ex. アクティブモビリティエクササイズ™
・Corrective Movement Ex. コレクティブムーブメント™エクササイズ
・Segment Activation セグメントアクティベーション™

image description

そして「FSM™️(機能的スキー動作)チェック」。
スキー滑走に求められる動作を3D上で分解し、各動作面で正しく機能出来ているか、組み合わせた場合の不具合などを確認して、雪上動作のエラーと照らし合わせてもらいました。

image description

その他、HIFT™️(高強度ファンクショナルトレーニング)やフィットネスバンドを利用した、様々なバリエーションのファンクショナルトレーニングを実施。

image description

2日間でしたが、かなりボリュームある内容をセッティング出来たと思います。

image description

今回のトレーニング内容を少しでもベースのトレーニング環境の中で応用・適応させて、さらなる成長に繋げてくれることを期待したいと思います。



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/06/19

活動レポ: 福知山成美高校スキー部トレーニングサポート@福知山


この春より3年ぶりに、京都府の福知山成美高校スキー部のプログラムサポートが復活し、本日は学校にお邪魔してスキー部のトレーニングサポートを実施しました。

image description

雪無し県のハンディを、いかにオフシーズンのトレーニングでカバーしていけるか。成美高校スキー部のテーマでもあり、エスチャレンジのサポートミッションでもあります。

image description

「陸上で出来ないことは、絶対に雪上でも出来ない」

今回初めて接した選手たちには、このことを強く認識してもらって、継続して質の高いトレーニングを実施して欲しいと思います。

image description

20数年、日本のトップ選手たちのサポートをしてきた経験から断言出来ることは、フィジカルレベルの低くスキーだけ上手い選手は皆無です。

「滑らないと上手くならない」

これも事実です。
滑る環境を手に入れた時に、カラダが仕上がっていなければもったいなさ過ぎます。

image description

来る2018/2019シーズンに向けて、最高のスキーアスリートとして雪の上に立てるように、厳しいトレーニングもみんなで励まし合いながら頑張って欲しいと思います。


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/06/06

活動レポ: SKIオフトレSeminar #180 @神保町


今回のオフトレSeminarのテーマは「本当に自分に必要な機能的エクササイズの選び方」でした。
エクササイズって、ほぼ無限にあります。その中から、どの様にエクササイズを選択すれば良いのか。

image description

単なる筋トレであっても、例えばスクワット系エクササイズには1000を超えるバリエーションがあります。筋肉を鍛えるという目的だけでは無く、「機能や動作を鍛える」という視点で見る場合は、もの凄い沢山の選択肢が生まれてしまいます。

よりシンプルに「自分に必要なエクササイズはどれなのか」「どの様に選択すればいいのか」、今回のセミナーでは「選択するポイント」にフォーカスして解説させて頂きました。

・前額面か矢状面か水平面か
・OKCかCKCか
・アクションかリアクションか
・体位は立位か座位か臥位姿勢か
・シンメトリーかアシンメトリーか ...etc.

上記は一例ですが、色々な「選択するポイント」を知ることで、エクササイズの最適性を検証しやすくなります。

トレーニングをより効率良く、より効果的に。
特に社会人の方には必要なポイントかと思います。

今回もご参加頂きありがとうございました。



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※次回以降の「SKIオフトレWorkshop」のスケジュールはこちら
http://www.s-challenge.com/workshop.html






2018/06/03

活動レポ: SKIオフトレWorkshop #179 @駒沢公園


梅雨入り直前。今回も晴天の下、SKIオフトレWorkshopが開催出来ました。

image description

今回のテーマは「スキーヤーのためのファンクショナルプライオメトリック(基本と応用) 」。ジャンプ動作など、筋肉を瞬間的に伸展させて、そのエネルギーを利用して爆発的に反対方向に力を発揮させるのがプライオメトリックスです。

image description

オフトレではマーカーを連続ジャンプしたり、ダッシュして切り返したり、ラダーエクササイズだったり、プライオメトリックスの要素を沢山含んだエクササイズを実施しています。

image description

プライオメトリックエクササイズをよりカラダの機能を活かしてトレーニングしていくためには、Non Countermovement(カウンタームーブメントを含まない)状態を作ってトレーニングするのが有効です。

image description

Countermovementとは、ジャンプスクワットで言えば、着地の際は「衝撃の吸収」と「反対方向への力の発揮」という相反する動作を一緒に行うことです。

image description

Non Countermovementでは、衝撃を吸収した時点でポーズ姿勢を作ることで、機能的な状態で力が発揮出来るポジションにいるか、足裏荷重位置は適切か、いくつかの要素をモニタリングしてトレーニングします。

image description

今回のワークショップでは必然的にジャンプ動作が多くなる訳ですが、疲れてきた後半ほど皆さん動作のクオリティが上がって、連続ジャンプを伴ったプライオメトリックエクササイズでも素晴らしいフォームでトレーニングされていました。

image description

今回も遠くは名古屋・群馬から沢山の方がご参加頂きました。
ご参加ありがとうございました!


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※次回以降の「SKIオフトレWorkshop」のスケジュールはこちら
http://www.s-challenge.com/workshop.html





2018/06/02

活動レポ: 東洋大学スキー部トレーニングサポート@板橋


サポートし始めて8年目、今年も東洋大学スキー部のプログラムサポートをしております。
今日は東洋大学総合スポーツセンターにてトレーニングサポートいたしました。

image description

少しだけフィールドテストを実施した後に、
全てのトレーニングに共通する「基本姿勢」および「基本ムーブメント」のトレーニング。

image description

東洋の選手だけではなく、全ての大学生以上のスキーヤーに共通する課題は、
いかに自分のフィジカルパフォーマンスを的確にスキーに伝えることが出来るかどうか。

image description
フィジカルパフォーマンスを高めること(インプット)も大事ですが、アウトプットする能力を高めることも非常に重要です。
image description

今回のトレーニングは、アウトプット能力を引き上げる上で重要な部分になってくるので、普段のトレーニングでもチーム全体で意識していって欲しいと思います。

image description


東洋大学スキー部
https://www.toyo.ac.jp/site/toyo-sports/ski.html

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/05/28

活動レポ: 活動レポ: セサミスポーツクラブ・新入社員研修 #6 @大船

2ヶ月に渡る新入社員研修も本日がラストでした。
最終日は3時間の筆記試験と、1.5時間の実技試験がメインでした。筆記試験では、眉間にシワを寄せて奮闘していましたが、結果は...。

image description

最終試験が終わって、これから自らの学びの時間が始まります。新入社員研修はあくまでも、自ら学んで行くためのキッカケ作りだと思っています。

image description

これからの成長を見守ってあげたいと思います。

セサミスポーツクラブ大船
http://www.cesame.co.jp/ofuna/

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

2018/05/26

活動レポ: 日本体育大学スキー部トレーニングサポート@深沢-2

先週土曜日は日本体育大学スキー部アルペンチームのトレーニングサポートでした。

image description

今回はフィールドテストを実施。日体大スキー部では、このテストとは別にラボテストも行われているので、動作面やリアクションが含まれるフィールドテストの結果と合わせてみることで、ベーシックなフィジカルが適切な状態でアウトプット出来ているかが分かります。

image description

選手自身でクラウド上でデータを管理出来るようにセッティングしてあるので、今後は選手たちだけでフィールドテストを実施してもらう予定です。

image description

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

2018/05/24

活動レポ: SKIオフトレSeminar #178 @神保町


今期最初のセミナーは、最新ウォームアップ「MACS™」の実施プロトコルについて解説させて頂きました。

image description

ここ数年、カラダを最適化し、パフォーマンスを最大限に発揮するために役立つエビデンスが沢山発表されています。

単にスキーのスタート前という特定の条件下だけではなく、普段のオフトレから取り入れると効果的な4項目が「MACS™️」です。

・Myofascial Release 筋膜リリース
・Active Mobility Exercise アクティブモビリティエクササイズ™
・Corrective Movement Exercise コレクティブムーブメント™エクササイズ
・Segment Activation セグメントアクティベーション™

筋トレやアジリティトレーニングの前にも有効なこのプロトコル。情報を先取りして取りまとめた S-CHALLENGEオリジナルのノウハウ、すでにSALOMON雪上キャンプ@安比に参加してくれた選手たちには、既にレクチャー済み。

今回参加して頂いた皆様のパフォーマンスアップは確約いたします!

是非、明日から即実行してみて下さい!
ご参加頂き、ありがとうございました。


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※次回以降の「SKIオフトレWorkshop」のスケジュールはこちら
http://www.s-challenge.com/workshop.html





2018/05/23

活動レポ: 関根学園高校スキー部トレーニングサポート@上越高田


毎年継続的にトレーニングプログラムの提供およひチームトレーニングサポートをしている関根学園高校スキー部。

image description

3月に開催されたジュニアオリンピック回転競技で優勝した佐藤進太郎選手を筆頭に、来季に向けて意識高くトレーニングに励んでいます。

image description

ベースのフィジカルは高いものの、動作精度がチームの課題なので、今回のサポートでは「FSM™️(機能的スキー動作)トレーニング」を中心にレクチャー。

image description

夏合宿までに、しっかり動作の精度を高めていって欲しいと思います。

関根学園高校スキー部
http://www.sekinegakuen.com/ski-club/


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




 

活動レポ: 関根学園高校スキー部トレーニングサポート@上越高田

毎年継続的にトレーニングプログラムの提供およひチームトレーニングサポートをしている関根学園高校スキー部。

image description

3月に開催されたジュニアオリンピック回転競技で優勝した佐藤進太郎選手を筆頭に、来季に向けて意識高くトレーニングに励んでいます。

image description

ベースのフィジカルは高いものの、動作精度がチームの課題なので、今回のサポートでは「FSM™️(機能的スキー動作)トレーニング」を中心にレクチャー。

image description

夏合宿までに、しっかり動作の精度を高めていって欲しいと思います。

関根学園高校スキー部
http://www.sekinegakuen.com/ski-club/

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一