2018/12/23

活動レポ: チーム宮園・シーズンインキャンプ@たんばら

12月22日から2日間、毎年恒例のチーム宮園・シーズンインキャンプの雪上講習を務めさせて頂きました。
春キャンプも含め、今回で計13回目の開催。

image description

今回は宮園さんの方で、夏のオフトレワークショップに参加されている皆さんにもお声かけ頂き、なにやら参加者は、ほぼ夏のトレーニングメンバーとなりました。

image description

全国的に雪が少なく、たんばらスキー場も緩斜面しかオープンしていなかったので、今回は徹底的に基本動作に特化したトレーニングを実施しました。

スキー動作は「3D」、非常に多面的な動作なので、漫然とトレーニングしてもなかなか動作修正出来ません。

image description

技術選にチャレンジしているクラウンや指導員などの資格保持者の方が多かったのですが、滑走動作を「1D=1方向の動作」や「2D=2方向の動作」に分解し、しかも斜滑降に限定して反復トレーニングを行って頂きました。

image description

毎年参加して頂いている多くの皆さんからは、「今年の切り口の方が理解しやすい」「シンプルな動作なのに出来ない」「どの動作が出来ていないか明確になり、シーズン初めには最適」とのコメント。

image description

スノーコンディションが悪かった影響で、シンプルエクササイズに終始したことは結果的に夏のトレーニングともリンク出来て、レベルの高い皆さんにも好評価でした。

外傾姿勢=股関節の内外転、外向姿勢=股関節の内外旋、とカラダの可動性と完璧にリンクするものが多かったので、課題も明確になりました。

ベーシックなトレーニングを沢山出来て良かったです。

image description

ご参加頂いた皆さん、お疲れ様でした。
ありがとうございました!


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/12/20

活動レポ: スポーツクラブ ルネサンス北砂・Queenax™ブラッシュアップ研修@北砂

12月20日、ルネサンス北砂店様のトレーニングジムスタッフ様向けに、サーキットベースのファンクショナルトレーニングについてのブラッシュアップ研修をさせて頂きました。

image description

今回提供させて頂いた「F-HICT®︎(Functional High Intensity Circuit Training)」プログラムは、心肺機能を高める目的ではなく、多面的動作の持続的安定性を高めることを狙ったサーキットトレーニングです。

image description

複数のクライアントさんが同時に異なるエクササイズを実施していく中で、素早く的確にアドバイスしていくためには、高いレベルでの「動作を観る力」が重要になります。

image description

今回は各エクササイズのトレーニングポイントの解説の他に、実際にサーキットを体験してもらいながら、交代でリードとキューイングにもチャレンジして頂きました。

image description

会員様への新しいアプローチとして、F-HICT®︎を展開して頂けたら嬉しいです。
ご参加頂いたスタッフの皆様、お疲れさまでした!


image description



スポーツクラブ ルネサンス北砂
https://www.s-re.jp/kitasuna/


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/12/14

活動レポ: 新潟県スキー連盟指導員研修会@苗場

12月14日、先日の長岡会場での講習に引き続き、苗場会場でも新潟県連所属の指導者の皆様向けに、「スキーヤーのためのFMP™(Functional Movement Performance 機能的動作パフォーマンス)トレーニング概論」についてレクチャーさせて頂きました。

image description

志向の多極化という視点で考えると「スキー」というものは、「スポーツ」「レジャー」という従来のニーズの他に、「フィットネス」という視点での潜在ニーズがあると考えています。

また、道具を扱うスポーツでありながら、その道具の性能を引き出すためには、「カラダの使い方」に求められる部分も非常に多くあります。カラダの構造や機能的動作に対する理解度が高い方が、より引き出しの広い技術指導が可能になります。

普段、サポートしている選手たちの映像を介して、陸上のトレーニングと雪上のトレーニングをリンクして考えて頂けたら、非常に嬉しく思います。

今回含め、2年間4会場での講習のご依頼でしたが、また来年も引き続きよろしく、とのお話をいただきました。

各会場での参加者皆様の反応の良さのお陰です。
ありがとうございます!

貴重な機会を頂き、新潟県スキー連盟の皆様には改めまして感謝申し上げます。
また来年も宜しくお願いします。

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

2018/12/11

活動レポ: スポーツクラブ ルネサンス北千住・Queenax™ブラッシュアップ研修@北千住

12月11日、ルネサンス北千住店様のトレーニングジムスタッフ様向けに、サーキットプログラム「F-HICT®︎」のブラッシュアップ研修をさせて頂きました。

image description

今回レクチャーさせて頂いた3つのサーキットプログラム「アシンメトリーコアブースト」「スキーヤーズサーキット」「フルボディワークアウト」は、体力レベルを高めるサーキットではなく、動作精度や姿勢の安定性を高めるサーキットプログラムです。

image description

エビデンスベースの機能性トレーニングのニーズは深く多様化しています。今回レクチャーしたサーキットプログラムをベースに、より既存会員様に対して、新たなサービス展開に繋がっていければと思います。

ご参加頂いたスタッフの皆様、お疲れさまでした!

image description


スポーツクラブ ルネサンス北千住
https://www.s-re.jp/kitasenju/


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/12/06

活動レポ: Queenax™アドバンストレーニングコース講習会@小牧

12月06日、先日の東京会場での開催に引き続き、ファンクショナルトレーニングユニット「Queenax™」が導入されている中京地区の認定トレーナー様向けに、アドバンストレーニングコースの講習会講師を担当致しました。



今回はサスペンションエクササイズ®を使った「SuperFunctional™グループトレーニング」コースで、「全身を整える」「プレランニング」「アッパーボディブースト」の3つのプログラムについて、バディを組んで頂き、プログラム構成や各エクササイズティーチングポイントについて確認して頂きました。

image description

各プログラムはエビデンスに基づいてプログラミングしてあるので、トレーニング前後の効果確認をする「プレアセスメント&ポストアセスメント」もカギになります。結果に繋がるコンテンツの提供を今後も最重視して、プログラム開発を継続していきます。

image description

ご参加頂いたQueenax™トレーナーの皆様、ありがとうございました。

image description

フィットネスクラブ Hear`V
http://hearv.jp/hearv/



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/12/04

活動レポ: スポーツクラブ ルネサンス青砥・Queenax™ブラッシュアップ研修@青砥

12月04日、ルネサンス青砥店様のトレーニングジムスタッフ様向けに、サーキットベースのファンクショナルトレーニングについてのブラッシュアップ研修をさせて頂きました。

image description

今回レクチャーさせて頂いた「F-HICT®︎(Functional High Intensity Circuit Training)」は、通常のサーキットトレーニングの様に心肺機能向上を狙ったトレーニングではなく、主に多面的動作の持続的安定性を高めるトレーニングになります。

image description

複数のクライアントさんが同時に異なるエクササイズを実施していく中で、素早く的確にアドバイスしていくためには、高いレベルでの「動作を観る力」が求められます。

image description

今回は各エクササイズのトレーニングポイントの解説の他に、実際にサーキットを体験してもらいながら、交代でリードとキューイングにもチャレンジして頂きました。

image description

会員様への新しいアプローチとして、F-HICT®︎を展開して頂けたら嬉しいです。
ご参加頂いたスタッフの皆様、お疲れさまでした!

image description


スポーツクラブ ルネサンス青砥
https://www.s-re.jp/aoto/



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/12/01

活動レポ: 新潟県スキー連盟指導員研修会@長岡

12月01日、昨年に引き続き新潟県連所属の指導者の皆様向けに、「スキーヤーのためのFMP™(Functional Movement Performance 機能的動作パフォーマンス)トレーニング概論」についてレクチャーさせて頂きました。

image description

一般のスキーヤーの方もオフトレーニングに励まれる方が、非常に増えてきています。同時に「ファンクショナルトレーニング」という言葉も広まって来ていますが、スキー運動との関連性や雪上パフォーマンスとのリンクに対する理解度は、まだこれからと感じています。

折角この様な場をお預かりしたので、雪上で技術指導されている皆さんとファンクショナルトレーニングに関する「物差し」を共有していきたいと思い、今回のテーマをレクチャーさせて頂きました。

image description

SALOMONレーシングチーム、五輪選手や全日本チーム選手、全日本デモンストレーターなど、私がサポートしている選手たちのトレーニング動画を参考にしましたが、彼らの動作の質が非常に高くて、視聴して頂いた皆さんも理解しやすかったのではないかと思います。

今回ご参加頂いた県連指導者の皆さん、貴重な機会を頂いた新潟県スキー連盟の皆様、ありがとうございました!



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/11/26

活動レポ: Queenax™アドバンストレーニングコース講習会@三鷹

11月26日、Queenax™が導入されている関東地区の認定トレーナー様向けに、初めてのアドバンストレーニングコースの講習会が開催され、講師として講習を担当させて頂きました。

image description

午前中は、ファンクショナルトレーニングのグループレッスンをメインにした「SuperFunctional™グループトレーニング」コース、午後は「F-HICT®機能的高強度サーキットトレーニング」コースの研修を実施。

image description

「SuperFunctional™グループトレーニング」コースでは、「全身を整える」「プレランニング」「アッパーボディブースト」の3プログラムのエレメントやティーチングポイントについての解説およびトレーニングフォームのチェック。

image description

「SuperFunctional™グループトレーニング」コースでは、「アシンメトリー・コアブースト」「スキーヤーズサーキット」「フルボディワークアウト」の3プログラムについて、ムーブメントやエレメントの解説と実施手順などを実技ベースでレクチャーさせて頂きました。

image description

今回のカリキュラムでは、トレーニング前後のカラダの違いを確認してトレーニングの効果測定をしっかり行えるようなアプローチにしています。

image description

カラダの使い方をトレーニングする「ファンクショナルトレーニング」は、その場でもトレーニング効果が見いだせるものでもあります。単なるトレーニングの実施ではなく、結果を担保出来るプログラムやコンテンツの提供は非常に重要だと考えています。

image description

Queenax™というユニットおよびアドバンス講習を通じて、エビデンスベースで結果を導き出せるファンクショナルトレーニングの提唱を、今後も行っていきたいと思います。
ご参加頂いたトレーナーの皆様、ありがとうございました。

image description

image description



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/11/19

活動レポ: B-fit 松井山手店・Queenax™トレーナーファンデーションコース研修@京田辺

11月19日、新規オープンされる「B-fitスポーツクラブ松井山手店」様のトレーニングジムスタッフ様向けに、ファンクショナルトレーニングユニット「Queenax™」のトレーナーファンデーションコース研修をさせて頂きました。

image description

こちらはスーパー銭湯との併設施設ということで、早くも賑わいが想像出来てしまいます。

設置されたQueenax™はWallタイプなので、セルフでのファンクショナルトレーニング利用や、パーソナルトレーニングサポートでの利用がメインになります。

image description

ここ数年、「ストレングス&カーディオ&スタジオ&プール」という施設環境から、「ストレングス&カーディオ&ファンクショナルスペース」という構成が増えてきています。
Queenax™を通じて、こちらの会員様にもファンクショナルトレーニングを楽しんで頂けたら嬉しく思います。

ご参加頂いたスタッフの皆様、ありがとうございました!
12月7日のオープンに向けて頑張って下さい!

image description


B-fitスポーツクラブ 松井山手
http://b-fit.jp/matsuiyamate/


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/11/16

活動レポ: SPORTEC WEST 2018・PRECOR&Queenax™ブース アテンド@大阪

西日本最大のフィットネスエキスポ「SPORTEC WEST」が11月14日から3日間、インテックス大阪で開催され、今年もPRECOR&Queenax™ブースをサポートさせて頂きました。

image description

今回はサスペンションエクササイズ®︎、4D PRO®︎、F-HICT®︎(サーキット形式のファンクショナルトレーニング)の各プログラム、Queenax™デモの監修、スポーツパフォーマンス向上させるためのファンクショナルトレーニングのセミナーを担当させて頂きました。

image description

フル稼働でしたが、充実した3日間を過ごすことが出来ました。お立ち寄り頂きました皆様、ありがとうございました。

image description

そして、PRECORスタッフの皆様、Queenax™トレーナーチームの皆さん、お疲れさまでした!
また来年も宜しくお願いします。


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/11/12

活動レポ: Anytime Fitness 松山三番町・Queenax™トレーナーファンデーションコース研修@松山

11月12日、新規オープンされる「Anytime Fitness 松山三番町」様の認定講習をさせて頂きました。

image description

24時間営業で全国展開されているAnytime Fitness様、東京の不動前店、神戸の御影店に続き、松山三番町店が3店舗目のQueenax™導入となります。

image description

ストレングスだけではなく、会員様の多様なニーズに応えて行くために、ファンクショナルトレーニングがサービスの一つとして提供されていくことは嬉しい限りです。

image description

19日にグラントオープンされるとのこと。
準備にお忙しい中、ご参加頂いたスタッフの皆様、ありがとうございました!

image description

AnyTime Fitness 松山三番町
https://www.anytimefitness.co.jp/sanbancho/



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/11/10

活動レポ: ジスタスABLOうるま・Queenax™トレーナー研修@うるま

11月09-10日、新規オープンされる「ジスタスABLOうるま」様のトレーニングジムスタッフ様向けに、ファンクショナルトレーニングユニット「Queenax™」のトレーナー認定講習とグループレッスン&パーソナルトレーニングの研修を担当させて頂きました。

image description

2日間の研修でしたので、疲労も蓄積していたと思いますが、皆さん最後まで元気に様々なファンクショナルトレーニングにチャレンジされていました。

image description

ジスタス様はこちらのABLOうるま店で4店舗目。ファンクショナルトレーニングを他の3店舗にも広げて、さらにサービスの幅を広げて頂ければと思います。


image description

皆様の更なるご活躍、楽しみにしております。
ご参加頂いたスタッフの皆様、ありがとうございました!

image description

ジスタスABLOうるま
http://www.xystus.co.jp/



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/11/04

活動レポ: 福知山成美高校スキー部・トレーニングサポート@福知山

11月04日、久々に成美高校スキー部の定番トレーニング場所である「三段池公園」にやってきました。広く開けていて、とても気持ちの良い公園です。こんな素敵な公園でトレーニング出来るなんて羨ましいです。

image description

さて今回のサポートでは吉田監督からリクエストもありましたので、斜面を利用したフィールドトレーニングをメインにサポートを実施しました。

image description

斜面で生じるマルアライメント(悪いアライメント)で多いのは、外傾姿勢に起因します。

外傾姿勢は股関節の外転動作で生じるものですが、体幹の側屈動作や膝の外反による代償が多く見受けられます。スキー操作の問題以前に、腰痛や膝の外傷を招くことにも繋がりますので、まずは選手自身が自覚し、間隔と動作の差違を修正することが非常に重要です。

image description

チームとしては、再来週に六甲山スキー場で初滑りしシーズンインされるとのこと。

image description

今回チェックした内容をしっかり初滑りに活かしてくれると嬉しいです。
今シーズンの成美スキー部の活躍を楽しみにしています。

選手の皆さん、頑張って下さい!

image description




S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一