2018/06/06

活動レポ: SKIオフトレSeminar #180 @神保町

今回のオフトレSeminarのテーマは「本当に自分に必要な機能的エクササイズの選び方」でした。
エクササイズって、ほぼ無限にあります。その中から、どの様にエクササイズを選択すれば良いのか。

image description

単なる筋トレであっても、例えばスクワット系エクササイズには1000を超えるバリエーションがあります。筋肉を鍛えるという目的だけでは無く、「機能や動作を鍛える」という視点で見る場合は、もの凄い沢山の選択肢が生まれてしまいます。

よりシンプルに「自分に必要なエクササイズはどれなのか」「どの様に選択すればいいのか」、今回のセミナーでは「選択するポイント」にフォーカスして解説させて頂きました。

・前額面か矢状面か水平面か
・OKCかCKCか
・アクションかリアクションか
・体位は立位か座位か臥位姿勢か
・シンメトリーかアシンメトリーか ...etc.

上記は一例ですが、色々な「選択するポイント」を知ることで、エクササイズの最適性を検証しやすくなります。

トレーニングをより効率良く、より効果的に。
特に社会人の方には必要なポイントかと思います。

今回もご参加頂きありがとうございました。

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※次回以降の「SKIオフトレWorkshop」のスケジュールはこちら
http://www.s-challenge.com/workshop.html

2018/06/03

活動レポ: SKIオフトレWorkshop #179 @駒沢公園


梅雨入り直前。今回も晴天の下、SKIオフトレWorkshopが開催出来ました。

image description

今回のテーマは「スキーヤーのためのファンクショナルプライオメトリック(基本と応用) 」。ジャンプ動作など、筋肉を瞬間的に伸展させて、そのエネルギーを利用して爆発的に反対方向に力を発揮させるのがプライオメトリックスです。

image description

オフトレではマーカーを連続ジャンプしたり、ダッシュして切り返したり、ラダーエクササイズだったり、プライオメトリックスの要素を沢山含んだエクササイズを実施しています。

image description

プライオメトリックエクササイズをよりカラダの機能を活かしてトレーニングしていくためには、Non Countermovement(カウンタームーブメントを含まない)状態を作ってトレーニングするのが有効です。

image description

Countermovementとは、ジャンプスクワットで言えば、着地の際は「衝撃の吸収」と「反対方向への力の発揮」という相反する動作を一緒に行うことです。

image description

Non Countermovementでは、衝撃を吸収した時点でポーズ姿勢を作ることで、機能的な状態で力が発揮出来るポジションにいるか、足裏荷重位置は適切か、いくつかの要素をモニタリングしてトレーニングします。

image description

今回のワークショップでは必然的にジャンプ動作が多くなる訳ですが、疲れてきた後半ほど皆さん動作のクオリティが上がって、連続ジャンプを伴ったプライオメトリックエクササイズでも素晴らしいフォームでトレーニングされていました。

image description

今回も遠くは名古屋・群馬から沢山の方がご参加頂きました。
ご参加ありがとうございました!


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※次回以降の「SKIオフトレWorkshop」のスケジュールはこちら
http://www.s-challenge.com/workshop.html





2018/06/02

活動レポ: 東洋大学スキー部トレーニングサポート@板橋


サポートし始めて8年目、今年も東洋大学スキー部のプログラムサポートをしております。
今日は東洋大学総合スポーツセンターにてトレーニングサポートいたしました。

image description

少しだけフィールドテストを実施した後に、
全てのトレーニングに共通する「基本姿勢」および「基本ムーブメント」のトレーニング。

image description

東洋の選手だけではなく、全ての大学生以上のスキーヤーに共通する課題は、
いかに自分のフィジカルパフォーマンスを的確にスキーに伝えることが出来るかどうか。

image description
フィジカルパフォーマンスを高めること(インプット)も大事ですが、アウトプットする能力を高めることも非常に重要です。
image description

今回のトレーニングは、アウトプット能力を引き上げる上で重要な部分になってくるので、普段のトレーニングでもチーム全体で意識していって欲しいと思います。

image description


東洋大学スキー部
https://www.toyo.ac.jp/site/toyo-sports/ski.html

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一