2018/07/31

活動レポ: 北海学園札幌高校スキー部・フィジカル強化合宿サポート@士別


7月28日から3泊4日、「合宿の里」北海道士別市にてプログラムサポートしている北海学園札幌高校スキー部の強化合宿をサポート致しました。

image description

士別は朝晩は20度を下回る避暑地で、陸上の実業団選手たちが多く集うところですが、今年は士別も猛暑の影響を受けて、日中38度を超える日もあり、選手たちは大変タフな環境の中での合宿となりました。

image description

サポートトレーナーとしてエビデンスベースのトレーニングが基本ですが、厳しいトレーニングの中で自分と向き合うことも重要と考えています。

image description

オーバーロード(過負荷)はトレーニングの基本原理ですが、自分を高める心を持ち合わせていないと、自分を高めていくことが出来ません。

image description

高校3年間、大学生になってからも4年間合宿に参加してくれた法政大学スキー部の高橋将太朗選手が、「過去に体験したトレーニングの中でもトップ3に入るキツさ」と述べていたHIIT(ハイインテンシティインターバルトレーニング)。乗り切った達成感は、必ず次への自信に繋がります。

image description

今年は学園スキー部の予備軍となる5名の中学生スキーヤーたちも参加してくれて、高校生に混ざって一生懸命トレーニングしていました。

image description

残りの夏休みも2週間ちょっと。
今回の合宿での経験を活かして、トレーニングに向き合って欲しいと思います。

image description


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/07/27

活動レポ: SPORTEC 2018・PRECOR+Queenax™ブースサポート@有明

有明ビッグサイトで開催された日本最大のフィットネスイベント「SPORTEC2018」、今年もPRECOR+Queenax™ブースにてQNXデモの監修やセミナー、体験レッスンを担当させて頂きました。

image description

フィットネス業界の隆盛とリンクして、SPORTECの来場者も年々増加しているとのことで、PRECORブースでも例年よりも多くの方が訪れてくれました。

image description
私の担当するファンクショナルトレーニングユニット「Queenax™」では、QNXトレーナーチームによるデモ、Anti Gravity フィットネス、4D PRO®︎ レッスンなどがスケジューリングされていました。

image description

私個人では、F-HICT®︎(機能的高強度サーキットトレーニング)体験レッスン、体軸を整えるためのSuperFunctional™️スモールグループ体験レッスン、FMP™(Functional Movement Performance 機能的動作パフォーマンス)トレーニングセミナーを担当させて頂きました。

image description

特に昨年と異なったのは、私のクライアントさんを含む、多くのスキーヤー、スキー選手をサポートするトレーナーの方が来場されていたこと。

オフシーズントレーニングの刺激を得るには、充分すぎるイベントだと思います。

image description

一般の方の参加も出来ますし、Webサイトで事前登録すれは入場料は無料です。プロテインやマッサージ機器など普段使いするアイテムも沢山の会社がブースを出していますので、試飲や体験しながら比較出来ます。

image description

来年も開催されますので、是非足を運んでみてください。

Queenax™トレーニングを体験して頂いた皆様、ありがとうございました。

SPORTEC 2018
https://www.sports-st.com/

Queenax マスターコーチ
S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

2018/07/22

活動レポ: SKIオフトレWorkshop #182 @駒沢公園


7月22日、続く猛暑の中、「社会人スキーヤーのためのカラダ活性化トレーニング」をテーマにしてスキーオフトレワークショップを開催致しました。

image description

あまりの暑さで少々危険を感じ、駒沢陸上競技場の建物の日陰がある場所に移動し、30分毎に給水+小休止を繰り返しながら、トレーニングして頂きました。元々今回のトレーニングは暑さを想定し、強度控えめの内容でしたが、参加者の顔色を常にチェックしながら進めさせて頂きました。

image description

前半は「チューブを利用した片足支持バランストレーニング」、そして発展させて「3方向の多面的動作エクササイズ」にステップアップ。
最後に少しだけフィールドアジリティを実施しました。

image description

運動量は多く無い内容でしたが、ご自身の左右差の確認が出来、さらに左右差の解消法はしっかり伝達出来たので、ご自身のオフトレに落とし込めるトレーニングが展開出来たと思います。

image description

今回も満員御礼、北は福島、西は名古屋・大阪からご参加頂きました!
参加者の皆様、猛暑の中、ご参加ありがとうございました。

image description


次回は8/11、いよいよ毎年恒例の「特別企画:Team Ezy(水落亮太デモ×兼子稔デモ)オフトレワークショップ」です。
限定30名様なので、ご希望の方はお早めにお申込下さい。
(現時点で半分埋まりました!)
https://peatix.com/event/411359/view



S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一





2018/07/21

活動レポ: 日本体育大学スキー部トレーニングサポート #6 @深沢


猛暑続く中、6回目のトレーニングサポートを実施しました。

image description

トレーニング開始時間の8時半の時点で30度を超えていたので、仮設テントで日陰を作り、30分毎のクーリングタイムを設けながら、メリハリをつけてトレーニングしてもらいました。

image description

予定ではパフォーマンステストを実施する予定でしたが、この熱波で断念。
立位姿勢の中でのコアトレ(水平面でのストレスコントロール)と片脚支持バランスコントロールトレーニングのバリエーションをいくつか実施。

春から比べて、かなり動作の精度とポジションコントロール能力が高まっている感じがしました。

image description

〆には「バトルロープ」トレーニングを少々。
バトルロープトレーニングは単位時間当たりのエネルギー消費が最も高いエクササイズなので、30秒だけでも選手達の呼吸は荒くなっていました。

最後に選手達の体調を確認して、無事に終了。
次回は8月第二週に白馬で夏合宿のサポートです。

image description


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/07/16

活動レポ: SALOMONフィジカルトレーニングキャラバン2018 @宮城県加美町


7月14日から3日間、宮城県加美町にて「SALOMONフィジカルトレーニングキャラバン2018」が開催され、SALOMONレーシングチームトレーナーとして、参加者皆さんのトレーニングサポートをいたしました。

image description

ゲストプレーヤーは今年の平昌オリンピック日本代表・石川晴菜選手。

image description

彼女の動作やトレーニングに対する姿勢は、間違いなくジュニア選手たちの刺激になったと思います。

image description

SALOMONで育った選手がオリンピックに出場し、そしてその選手が次世代の選手育成に参加する、改めてこのような環境をサポートして頂いている地元の皆さん、関係各コーチに感謝です。

image description

今年のトレーニングテーマは「原点回帰」として、スキーヤーに必要なフィジカル強化にフォーカスして、トレーニングを楽しんでもらいました。

今期は、9/1-2 @岩手県八幡平、9/8-9 @群馬県みなかみ、9/29-30 @長野県白馬、にて開催されます。

社会人スキーヤーの方も参加出来ますので、是非フィジカルトレーニングキャラバンご参加お待ちしております。

image description

SALOMONレーシングチーム・フィジカルトレーナー

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一




2018/07/12

活動レポ: JWSC 全日本ウインタースポーツ専門学校・特別講習@妙高


7月12日、今年もJWSCから専門課程の生徒さんを対象にした特別講習のご依頼を頂き、学校にお邪魔してきました。

image description

プラスして、私がサポートしている水落亮太ナショナルデモンストレーター、JWSCのコーチでもある青木大輔選手、小林仁選手も参加してくれて、豪華な講習になりました。

image description

JWSC松田先生からは「パワー伝達不足(トゥアウトニーインや股関節屈曲・内外旋の弱さ)」と「ひねり動作の弱さ」、2つの課題についてのリクエストがありました。

image description

短い時間でしたが、プライオメトリックエクササイズの様な瞬間的な動作の中でも、動作精度がかなり高まりました。

参加生徒とコーチ&選手の動作を直に比較して、改めてフィジカルとスキーパフォーマンスは直結していると再認識。

次回は9月までに、今回の講習内容をしっかり反復してシーズンに繋げていきましょう!

image description


全日本ウインタースポーツ専門学校
http://jwsc-snow.com/

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※セミナーやトレーナー派遣に関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com